生態工学会とは? 活動状況 生態工学会誌 入会案内 リンク English _ _
基本方針
 お知らせ   
■2019生態工学会年次大会のお知らせ

【日時】 2019 年 6 月28日(金)〜 29 日(土)
【会場】 宇都宮大学峰キャンパス大学会館 (栃木県宇都宮市峰町350)

⇒詳細ページ

  • オーガナイズドセッションと一般発表の締め切りを延長します。(2019/04/11)
  • 大会プログラムを更新しました。(2019/04/09)

■生態工学会定例シンポジウム〜第1回生態工学サロン〜

〜第1回 生態工学サロン〜
「宇宙での食と栄養」
生態工学会定例シンポジウム〜第1回生態工学サロン〜は、盛会のうちに終了いたしました。
ご参加およびご助力いただいた皆さまにに心から御礼申し上げます。

企画委員長 寺添 斉

【日時】 2019年3月21日(木)16:00~18:00
【会場】 Liberal Arts Cafe DARWIN ROOM 2階ラボスペース ⇒DARWIN ROOM
【開催テーマ】 「宇宙での食と栄養」
【趣旨】 近年、民間の宇宙旅行だけでなく、火星・月軌道などの長期有人宇宙居住が現実味をおびてきた。宇宙での長期滞在では、一般的には植物食を中心に検討されているが、栄養面での偏りが生じることが常に課題とされる。その対策として、昆虫食やサプリメントの他、培養された動物肉や、ユーグレナなども有力な検討対象であるといえる。国内でこれらの先端的な研究を進めている研究者に話題を提供して頂き、幅広く長期有人宇宙居住の可能性を考える機会としたい。
【プログラム】
16:00〜 挨拶・趣旨紹介(篠原正典・生態工学会事務局)
16:10〜 講演1:「体をつなぐ食べ物、心をつなぐ食べ物」
          吉田滋樹先生(筑波大学大学院生命環境科学研究科准教授)
17:00〜 講演2:「宇宙における細胞農業の可能性」
          川島一公先生(インテグリカルチャー社)
17:40〜 総合討論
18:00  閉会
18:30〜 懇親会(参加登録者に事前にご連絡し出欠の確認を致します。会場・参加費は別。)
【参加費】 2,000円(飲み物代含む)
【申し込み方法】 事務局(篠原正典・生態工学会企画委員・shino@ntu.ac.jp)宛にメールにて氏名・所属を連絡のこと。3月18日(月)〆切。先着順40名まで。席に余裕がある場合は当日参加も可能。

■次世代科学社会応援シンポジウム2019(協賛)

「いきものの生活史わたしの生活史」
次世代科学社会応援シンポジウム2019は、盛会のうちに終了いたしました。
ご参加およびご助力いただいた皆さまにに心から御礼申し上げます。

実行委員長 木村 靖子

【日時】 2019年3月21日(木)13:20~15:50
【会場】 Liberal Arts Cafe DARWIN ROOM 2階ラボスペース ⇒DARWIN ROOM
【開催テーマ】 「いきものの生活史わたしの生活史」
【趣旨】 『科学の発展は人々の健康と平和に大きく貢献できる。科学社会を担う研究者らはどのように自身の研究と社会に関わりここに居るのだろうか。世代を超えて、語り合い知り合おう』を趣旨に、昨年から年1度開催されている“次世代科学社会応援公開シンポジウム”が、2019年は生物のライフサイクルをキーワードに、講演者らと参加者らとの討論を中心に行う。
【プログラム】
13:10〜 開場
13:20〜 開会挨拶(実行委員長 木村靖子)(座長 木村駿太)
13:25〜 「シアノバクテリアならでは」「自分ならでは」の研究、教育を目指して
          渡辺智先生(東京農業大学)
13:55〜 ミジンコのライフスタイル 〜その特異な生き残り戦略〜
          大森克徳先生(亜細亜大学)
14:25〜14:35 休憩
14:35〜 オスがいてメスがいて子育てがある動物たちの暮らし、わたしの暮らし
          篠原正典先生(帝京科学大学)
14:55〜 人が食べるということとわたし
          木村靖子先生(十文字女子大学)
15:15〜 総合討論(司会進行 横谷香織)
15:45〜 閉会の挨拶(次期実行委員長 加藤浩)
※プログラム終了後、生態工学会定例シンポジウム〜第1回生態工学サロン〜が開催されます。
【参加費】 無料
【お問い合わせ先】 実行委員(富田-横谷香織・yokotani.kaori.fn@u.tsukuba.ac.jp)宛にメールにて御連絡下さい。

■2018年度関東支部講演会のお知らせ

2018年日本生物環境学会関東支部講演会は、盛会のうちに終了いたしました。
ご参加およびご助力いただいた貴会に心から御礼申し上げます。

日本生物環境工学会関東支部
支部長 鳥居 徹

日本生物環境工学会関東支部より
2018年度関東支部講演会のお知らせ
来る7月13日(金)に、人工光型植物工場関連技術と実際に関する講演会を再々します。生態工学会員様の参加費は、会員扱いです。皆様奮ってご参加下さい。
                

【日時】 2018年7月13日(金) 14:00〜17:00
【会場】 機械振興会館地下3階研修-2室 (東京都港区芝公園3−5−8)
【参加費】 会員(後援団体会員含む)3,000円,一般5,000円,学生1,000円)
【プログラム】
人工光型植物工場研究開発の基本と最前線
千葉大学名誉教授 古在豊樹氏

完全人工光栽培において分光光量子束密度が葉菜類の形態および成長に及ぼす影響
(一財)電力中央研究所 地子智浩氏

大規模完全人工光型植物工場「808FACTORY」の取り組み
(有)新日邦 アグリ事業部 部長 甲斐 剛氏

【お申込み】 支部ホームページ(http://jsabeeskanto.webcrow.jp)

⇒詳細PDF

■2018生態工学会年次大会のお知らせ

2018生態工学会年次大会は、盛会のうちに終了いたしました。
ご参加およびご助力いただいた皆様に心から御礼申し上げます。

大会委員長 北宅善昭

2018 生態工学会年次大会を以下の要領で開催します。本年は、CELSS 研究会として本学会が発足してから、 30 周年を迎えます。節目の年にあたり、「幅広い世代で宇宙・陸上・海上にわたるこれからの生態工学を熱く語ろう!」を大会テーマに掲げ、記念セッションも企画しております。詳細は、学会ホームページ(http://www. see.gr.jp/)にて、順次ご案内いたします。会員各位は奮ってご参加ください。

期日
日時:2018 年 6 月 22 日(金)〜 23 日(土)
エクスカーションを 6 月 21 日(木)に予定しています。

◆事前参加費振込

2018年6月16日(金)締切

会場
大阪府立大学中百舌鳥キャンパス学術交流会館
〒 599-8531 大阪府堺市中区学園町 1 番 1 号

会場までのアクセス
*南海高野線「白鷺駅」下車、西へ約 500m、徒歩約7 分。
*南海高野線「中百舌鳥駅」下車、南西へ約 1,000m、徒歩約 13 分。
*地下鉄御堂筋線「なかもず駅(5 号出口)」から南西へ約 1,000m、徒歩約 13 分。
*南海高野線「中百舌鳥駅」・地下鉄御堂筋線「なかもず駅」から南海バス(北野田駅前行 31、32、32-1 系統)で約 5 分、「府立大学前」下車。
*南海本線「堺駅」から南海バス(北野田駅前行 31、 32、32-1 系統)で約 24 分、JR 阪和線・南海高野線「三国ヶ丘駅」から南海バス(北野田駅前行 31、 32、32-1 系統)で約 14 分、「府立大学前」下車。
詳細は大阪府立大学ホームページをご覧ください。
http://www.osakafu-u.ac.jp/info/campus/access/



■次世代科学社会応援公開シンポジウム 2018のお知らせ

次世代科学社会応援公開シンポジウム 2018
「日本の科学と文化;世界そして宇宙へ」

 『科学の発展は人々の健康と平和に大きく貢献できる。科学社会を担う研究者らはどのように自身の研究と社会に関わりここに居るのだろうか。世代を超えて、語り合い知り合おう』を趣旨に、“次世代科学社会応援公開シンポジウム 2018”が、茨城県つくば市カピオホール・同ホワイエで開催されます。シンポジウム内の共催セッションとして、本学会「若手の会」と合同で第 10 回生態工学・定例シンポジウムを開催します。奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。

開催日 : 2018 年 3 月 28 日(水)、29 日(木)
※ 28 日、29 日のプログラム終了後、それぞれ情報交換会(28 日、演者と関係者・会員)、懇親会(29 日)を、開催する予定です。
会  場 : つくばカピオホール(講演)・ホワイエ(展示) (つくば市竹園 1 − 10 − 1)
アクセス : TX つくば駅A3 出口より徒歩 10 分。
詳細ページ
⇒詳細PDF

■次世代科学社会活性化シンポジウム2017のお知らせ

生態工学会 次世代科学社会活性化シンポジウム2017
「生態工学を通した世代間交流:若手の躍進と先駆者の導き」

次世代科学社会活性化シンポジウム2017は、盛会のうちに終了いたしました。
ご参加およびご助力いただいた皆様に心から御礼申し上げます。
次世代科学社会活性化委員会
若手の会 会長 木村駿太
委員長 富田-横谷香織

主催 : 生態工学会 次世代科学社会活性化委員会 若手の会
開催日 : 2017年3月11日(土) 12:40〜18:40
会  場 : ビジョンセンター東京 301
(東京都中央区八重洲2-3-14 ケイアイ興産東京ビル 3F)
アクセス : 東京駅 八重洲南口 徒歩2分
https://www.visioncenter.jp/tokyo/access/
参加費 : 無料
懇親会 : 19:00〜21:00(参加費3500円程度)
鳥どり総本家 八重洲二丁目店
https://r.gnavi.co.jp/g851502/map/
(東京都中央区八重洲2-5-9 八重洲共同ビル B1)

詳細(シンポジウムページ)


■生態工学会関西支部シンポジウム開催のお知らせ

生態工学会関西支部で下記のとおりにシンポジウムを開催(日本農業気象学会近畿支部会との共催、参加費無料)いたしますので、皆様方のご参加よろしくお願いいたします。

生態工学会関西支部 ダイキン工業 伊能

シンポジウム「気候変動とその生態系や私達の暮らしへの影響を考える(4)」 生態工学会関西支部・日本農業気象学会近畿支部共催

1.期日
日時:2017年12月2日(土) 14:30〜16:45

2.会場
大阪府立大学学術交流会館 小ホール 〒599-8531堺市中区学園町1−1

詳細ページ


■タイ王国大学との国際シンポジウムのお知らせ

下記の日程で本学会とタイ王国カセサート大学との間で開催された国際シンポジウムは盛会のうちに終了しました。
本シンポジウム開催によりタイ研究者との友好関係を結ぶことができました。
また、今後共同研究を推進するための足がかりを作りました。
本シンポジウムにご参加およびご協力頂いた皆様方に心から御礼を申し上げます。

日本側組織委員長 白石文秀

Eco-Engineering Symposium 2017: Application of Technology for Sustainability of Natural Resources

1.期日
日時:2017年7月12日(水)〜15日(土)

2.会場
タイ王国バンコク市カセサート大学

シンポジウムプログラム


■2017生態工学会年次大会のお知らせ

2017生態工学会年次大会は、盛会のうちに終了いたしました。
ご参加およびご助力いただいた皆様に心から御礼申し上げます。

大会委員長 竹内俊郎

1.期日
日時:2017年6月23日(金)〜24日(土)
  ※エクスカーションは、6月22日(木)予定

2.会場
東京海洋大学品川キャンパス楽水会館
〒108-8477 東京都港区港南4-5-7

会場HP
https://www.kaiyodai.ac.jp/overview/announcement/map/shinagawa.html

  • 大会プログラムを更新しました。(2017/05/15)
  • 大会プログラム第2版を掲載しました(2017/06/02)
  • 大会プログラム最終版を掲載しました(2017/06/14)
  • 口頭発表要領・ポスター発表要領を掲載しました(2017/06/02)
  • 大会期間中、宇宙生命維持技術研究部門研究会を開催します(2017/06/02)
  • お弁当の予約を掲載しました(2017/06/14)
 ⇒詳細ページ

■次世代科学社会活性化シンポジウム2017のお知らせ

生態工学会 次世代科学社会活性化シンポジウム2017
「生態工学を通した世代間交流:若手の躍進と先駆者の導き」

次世代科学社会活性化シンポジウム2017は、盛会のうちに終了いたしました。
ご参加およびご助力いただいた皆様に心から御礼申し上げます。
次世代科学社会活性化委員会
若手の会 会長 木村駿太
委員長 富田-横谷香織

主催 : 生態工学会 次世代科学社会活性化委員会 若手の会
開催日 : 2017年3月11日(土) 12:40〜18:40
会  場 : ビジョンセンター東京 301
(東京都中央区八重洲2-3-14 ケイアイ興産東京ビル 3F)
アクセス : 東京駅 八重洲南口 徒歩2分
https://www.visioncenter.jp/tokyo/access/
参加費 : 無料
懇親会 : 19:00〜21:00(参加費3500円程度)
鳥どり総本家 八重洲二丁目店
https://r.gnavi.co.jp/g851502/map/
(東京都中央区八重洲2-5-9 八重洲共同ビル B1)

詳細(シンポジウムページ)


■アンケート
「学会活動の国際化(タイ)に関するアンケート」
  提出締切: 2016年7月29日
  ⇒詳細ページ 

■アンケート
「特定トピックスによる研究推進/学会内研究会・部会の発足に関するアンケート」
  提出締切: 2016年7月29日
  ⇒詳細ページ 

■2016生態工学会年次大会のお知らせ

2016生態工学会年次大会は、盛会のうちに終了いたしました。
ご参加およびご助力いただいた皆様に心から御礼申し上げます。

                 大会委員長 白石 文秀

1.期日
日時:2016年6月24日(金)〜25日(土)
  ※エクスカーションは、6月23日(木)予定

2.会場
宮崎グリーンスフィア壱番館(KITEN)
コンベンションホール
〒880-0811 宮崎県宮崎市錦町1番10号

会場までのアクセス
JR日豊本線宮崎駅西口から徒歩約0分
(宮崎空港からJR利用で約10分)
http://www.kiten8.jp/access/

  • 大会プログラムを更新しました。(2016/05/16)
  • 講演論文集原稿執筆要領を掲載しました。(2016/05/16)
  • 発表要旨の〆切りを5月23日に延長しました。(2016/05/16)
 ⇒詳細ページ 

これまでのお知らせ一覧はこちら

■事務局
〒164-0003
東京都中野区東中野4-27-37 (株)アドスリー内
生態工学会事務局
TEL 03-5925-2840
FAX 03-5925-2913
E−mail office @ see . gr . jp   URL http://www.see.gr.jp/



日本農業工学会賞
2019 受賞講演会
日 時:2019 年5 月14 日(火)15:00 〜 17:35
会 場:東京大学 弥生キャンパス 中島董一郎記念ホール 

詳細はこちら→
日本農業工学会HP→

日本学術会議 公開シンポジウム「環境変動にともなう生態系の応答を測る」
日 時:2019 年5 月16 日(木)13:00 〜 17:00
会 場:日本学術会議講堂(港区六本木,乃木坂駅すぐ)
参加無料,事前登録不要
詳細はこちら→
日本学術会議HP→

2019年度生態工学会・学会賞の推薦に関して
2019年生態工学会・学会賞の推薦を募集しています。締め切り2018年11月30日まで。推薦状フォーマット

■平成30年度文部科学大臣表彰 科学技術賞 受賞に関して

 生態工学会 萩原昌司理事 が、この度「鶏肉から高純度イミダゾールジペプチド食品素材の開発」にて平成30年度文部科学大臣表彰 科学技術賞 技術部門を受賞いたしました。


■正会員の初年度会費について

生態工学会では、広く皆様方から学会にご参加いただく為、
正会員の初年度年会費を免除といたします。
また学生会員は初年度より年会費を支払うものとしますが、
学生会員から正会員へ移行した際、正会員登録初年度の
年会費を免除といたします。

 ⇒入会申込みはこちら


生態工学会誌のご案内
生態工学会誌
最新号のご案内→


■特許法第30条第1項の規程に基づく学術団体の指定について

生態工学会は、平成18年9月19日付で「特許法第30条第1項の規定に基づく学術団体」の指定を受けました。

詳細はこちら→


E-mail登録のお願い
E-mailアドレスの登録をまだされていない方は、諸事連絡の都合上、事務局( office @ see . gr . jp )までお知らせ願います。

■年会費納入のお願い

年・・・ヘ学会誌「Eco-Engineering」の発行等、学会運営活動を支える基盤となります。何卒年会費納入にご協力をお願い致します。
※正会員の初年度年会費は「生態工学会会則 第四章 第9条」に基づき免除となります。

お支払いは、郵便振込または銀行振込にてお願い致します。

尚、年会費についてのお問合せは、事務局までお願いします。
◆正会員  8,000円
◆学生会員  3,000円
◆郵便振替 口座番号:
00170-1-410815
名義:生態工学会
◆銀行振込

三菱東京UFJ銀行
深川支店
(普)1318112
名義:生態工学会


■会員名簿について
個人情報保護法の主旨を勘案し、2006年発刊の学会誌より会員名簿の掲載を控えさせて頂きますので何卒ご容赦頂きます様お願い致します。

| 生態工学会とは | 活動状況 | 学会誌 | 入会案内 |

生態工学会事務局
〒164-0003 東京都中野区東中野4-27-37 (株)アドスリー内
TEL: 03-5925-2840  FAX: 03-5925-2913  E-mail: office @ see . gr . jp